大たる身でも走ろう会(和田峠など)

 5/13(土)は大雨で中止。
 予備日の5/14(日)は母の日それでも開催してしまった真面目呼掛け人。
 朝8:20ごろ集合場所の高尾駅前に行くと、大久保さんがすでに愛車を組立中。
 それからすこし待つこと数分、自宅から自走の新村さんが元気いっぱいに登場。
 自己紹介は割愛し、休憩地点など簡単は説明をする。

 駅前はハイキングのひと人盛り。みんななかよく元気でほほえましい。
 それからドダ参さんビジターさんを一応待ってみるが、現れない
 9:00きっかりに曇り空に見送られて3人で出発する。
 少人数なので超走りやすいがちょっとさびしい。
 5人ぐらいがいいがこればかりはどうにもならない

 陣馬街道を和田峠の足慣らしを兼ねてのんびり進む。
 峠の少し手前の夕やけ小やけふれあいの里でトイレ休憩と徒歩5分ほどのところにある神社の境内にある夕やけ小やけの石碑を見に行く。
 つい歌をお二人に披露してしまい白ける。こころの中で反省する。
 最近カラオケご無沙汰が原因かも。
 神社で安全祈願をすることを忘れてしまい、帰路の途中にあったお地蔵さんに祈願。
 下手な歌でカラスが逃げてるうちにきょうのメインイベントの和田峠に取りつく。

 やはり最大勾配18%は手強い。
 試走時は後25だが今回は呼掛け人用の28を着けてきたがやはりしんどい。
 次回はついに乙女か。
 距離は≒4kmとトレーニングにはちょうどよくいい汗かけました。

 和田峠からは上野原に下っていき、前回の旧甲州街道ライドの時に気になっていた東山酒饅頭店に入る。あんこもおいしいがみそがまた更にいい。
 お二人はあんこ1個。私は各一個。隠れ饅頭愛好家として\85/個はかなりCP高い。
 また食べたいとおもう味
 上野原からはお日様も出てきて、桂川橋周辺では花祭りをやっていた。
 ランチタイムが心配な時間になっていたので横目でみるだけにして百笑の台所に向かう。

 道中短いアップダウンが多いのでこれまたいい運動になった。
 ランチは、彩菜ピビンパ、豆腐チゲ 石鍋豚キムチなどを注文。
(Q:だれがどれを食べたでしょうか?)
 うま~い!という声がどこからも聞こえてきません、
 母の日なので”マアマア”なのでしょうか。
 この辺はほかに食べるところがないのでご容赦。

 ランチの後は、3キロほど先にあるはちみつ鯛焼きへ。
 きょうは特別に今年初採りの桜の蜜をちょこっとかけてくれました。
 ミツバチはっち達に感謝感謝。
 そして100m先にある屋根に大きなとうがらしがのっているキムチ屋さんで買い物。
 店主らしい長身の中年韓国女性が韓国訛りで今年のだいこんは甘いのでおいしいとのこと。カクテキを購入。小袋の韓国のりをサービスで付けてくれた。
「おいしかったらまた来る」とに「おいしいから来るでしょう」と返された。
 お腹がきつい状態で二つ目の牧馬峠に向かう。

 ここは斜面に滑り止めの水玉がある。タイヤを取られるので上りずらい。
 自転車にはじゃまなものです。これとキャッツアイが嫌。
 峠についても標識もなんにもありません。写真も撮らずに串川にむかう。
 これまた小さいアップダウンの連続でいい塩梅です。

 串川では姫さんの悲恋を想いながらのんびりライド。
 裏津久井では静かで涼しい小路を走る。湖の反対側の車の多い国道より快適。
 お二人に「いいよ!」をもらった。

 裏津久井からはまたまたアップダウンを繰り返しながら相模湖へ。
 ここは素通りしてきょう最後の大垂水峠へ挑む。(挑むは大袈裟ですがご容赦)
 後からなるしま軍団にスパスパパスされましたが、気にせずに頑張って上ります。
(がんばってもかめなのでスピードは上がりませんが)
 峠の手前の石碑の所で取りずらい記念写真をとってこれでおしまい。
 あとはやきとり金太郎で軽くいっぱいやって解散しました。

 改めてコースをみたら距離89kmで獲得標高2003mでした。
 陣馬街道を除いてほとんど平地がないコースで運動には最適だとおもいましたが翌日疲れが残ります。
 母の日にもかかわらず参加して頂いたお二人には心より感謝致します。
 次回あなたもサイクリストのメッカ和田峠に挑みませんか?なんちゃって。