大王通信1922号(抜粋)

発行日 : 2016/11/18
センチュリーランを走る会, 2016

通信のゲストから


 ご投稿を待つ

これからの大王イベント

2017 冬の自転車長距離走ミーティング 期日決定しました

今から日程の確保をお願いします!
詳しくはここをクリック

●恒例!記念講演

「ツールドおきなわを作った男 森兵次氏が語る沖縄と自転車」
(※快諾いただきました!)

 森氏は、1941年那覇市生まれ、日大理工卒。
 元沖縄輪業代表取締役社長であり、沖縄県サイクリング協会理事長のほか、沖縄県自転車競技連盟や沖縄県トライアスロン連合を創立、いずれも理事長を務めるなど、沖縄の自転車スポーツ発展に寄与されてきた方です。
 あの、ツールドおきなわも、森氏の奔走があって実現したところです。
 その功績が認められ、沖縄タイムス賞など多数受賞されています。

 その森さんに、沖縄の自転車スポーツを思い切りお話しいただきます。
 必聴です!

●概要

日時:平成29年2月19日(日)
会場:東京国際フォーラム G-602号室 10:00~17:00
内容:

  • 第1部 年次総会+大王資格表彰
  • 第2部 記念講演 講師: 森兵次氏(交渉中)
  • 第3部 ロングライド大会の主催者登壇や自転車用品サービスの紹介、
    一般参加者も交えたロングライド愛好者の交流会
  • 第4部 お楽しみ!大懇親会(18:00~)

今年のポイント

  • 奨励賞の増設(幹事会の皆さま、ご検討を願いまする)
  • 持ち回り夏合宿の開催地、富山→富士山→次は?
  • スマホアプリ見本市ができるといいなあ

●第4部 ミーティング後の懇親会 幹事急募!

●参加者 定員80人(残席79)

  • ゲストさん(0)=
  • 第3部説明者さん(0)=
  • 会員(1)=和田氏、

御来場御礼 大王ブース@サイクルモードTokyo

説明員の皆さん、ご感想をお寄せください

詳しくはここをクリック

 3日間で大王ブースには約1千人(主催者発表)の来場者がありました。
 運営に当たった、会員ボランティアの皆さん、ありがとうございました!

 皆さんのご感想がありましたら、どうぞ大王通信にお寄せください。
 ひと言でもいいんです。
 ノウハウの共有や、より楽しいブース運営に役立てます。
 ぜひぜひ、こちら 大王事務局

サイクルモード説明員のみなさま

— No.27 和田順雄
詳しくはここをクリック

 お疲れ様でした。今年も大盛況でしたね。

 岩岡篤さんの輪行講座はあいかわらず大人気。
 事前にバイクの汚れを完璧に落としてデモに望む姿勢に感銘。
 パンク修理も参加者に実際のホイールで、チューブをはめてポンプを使う体験をしてもらうことでスキルアップになったと思います。

 あまりの人気にお隣さんブースの“領土侵犯”への配慮は気をつける必要ありますね。
 平本さんの崎陽軒のシウマイの差し入れは最高にGOODでした!
 いわゆる“インバウンド需要”に関するブースがなかったのが残念。
 古賀幹事の懇親会企画、ありがとうございます。
 CCA理事長の岩間さんとも地方協会のありかたについてじっくりお話できました。

 写真を ここ にアップしました。
 合い言葉: mode

大王の会員から

レポート 11/12多摩には走ろう練習会(走って行ける絶景紅葉)

詳しくはここをクリック
 絶好のサイクリング日和となる予感の中、飯能駅に集まったのは、和田氏(27)高崎万里氏(400)水野氏(412)土肥氏(424)中台氏(428)、ゲストkiyomi.ueno氏と新村(262)。
 簡単な挨拶、撮影のあと、地元の和田さんが先導します。

 紅葉の美杉台を抜けて、山伏峠を目指します。峠手前と峠にて記念撮影。
 秩父の野さか(豚みそ丼)で、岡森さん(226)と津田さん(409)が待っています。
 先を急ぎますが、足が進まない。
 何とか到着、順番待ちをしていてくれたので、待たずに豚みそ丼。
 美味。ここぞと事務局殿苦心のポイントカードを渡しました。

 さて、紅葉が待っています。ヒイヒイと中津狭に到着、来てよかった。
 この絶景!!、
 写真ですが味わってください。→ YahooBox
 来年も企画しましょう。是非参加してください。

追記.

  • 嬉しいニュース、ゲストのkiyomi.uenoさんは大王入会予定とのことでした。
  • 写真は和田さん津田さん提供分も含めました。
  • 次の練習会は来年の4月予定です。

パンクの神光臨

— No.27 和田 順雄
詳しくはここをクリック
 サイクルモードで古賀氏とパンク修理実践編をした矢先、秩父練習会でまさかの3回連続パンク。
「そんなに修理が好きなら」というパンクの神は、地元の峠でいきなり降臨。
 大王練習会、飯能駅から名栗経由で山伏峠に登頂。記念写真を撮ってひとり戻ろうとしたちょうどその直後、破裂音とともに前輪がパンク。

<経過>

  • 1回目:峠から帰ろうとしたら破裂音でパンク。
    まずタイヤの外周と内周をチェック。特に異常なしでチューブ交換。(陽があまり差さない場所)
  • 2回目:しばらく走り破裂音とともに再び前輪。
    今度はチューブを入念にチェックしてパンク場所が判明。
    相当するタイヤ部分の他、かなり小さな石がタイヤ外周に刺さっていることがわかり除去してパッチで修理。
  • 3回目:ほぼ同じ破裂音とともに、まさかの3度目。
    日当たりのよい安全な場所を見つけ、前回パッチを貼った場所とほぼ同じ場所に1ミリほどの穴が。
    念のためパッチと一緒にいつも携行している古いチューブを切った当てゴムでタイヤ内側を補強。

 結局、その日は原因がわからず、翌日再度タイヤを日の光に当て初めてわずかな穿孔を確認。

<考察>

 タイヤに小さな小石が刺さり、チューブに達して破裂。
 全く気づかず交換して走行。
 その後もタイヤの裂け目からチューブの一部がはみ出だしパンク。

<結論>

  1. タイヤの外周は時々、かなり入念にチェックすべし。些細なキズに注意。
  2. チューブの他、パッチなどの応急修理キットも携行すべし。
  3. 少しでも亀裂が入ったタイヤは即交換すべし。
  4. 走行不能を考え、輪行袋があると安心する。

 メンバーに迷惑かけず、そして下り急坂でなかったことが不幸中のラッキー。
 備えあれば憂い無し。

ツール・ド・沖縄 参戦記

— No.106:平松 利典
詳しくはここをクリック
 皇帝ポイントにリーチのツール・ド・沖縄に参加致しました。

 今回は、西川氏、丹羽氏、亀井氏、古屋敷氏、私の5名(平本氏はキャンセル)の参加でした。
 西川氏とは、11日7:45成田発のJET-STARの同便となりました。
 他にも、参加者と思われる輪行バッグ持参の人が7名位見かけました。
 私の輪行袋はペラペラの薄手のバッグ、皆さんはシーコン等のクッションたっぷりのバッグで機材が心配になって来ました。

 しかし、到着して組み立てて見ると全く問題無し。
 ホテルは高値掴みになりましたが、バッグ代よりは安くなりました。
 往復とも到着空港では、手渡しで出してくれたので破損も無く、慣れている様に感じました。

 到着後、西川氏幹事の名護市「松の古民家」というお店で、アグー豚しゃぶしゃぶの前夜祭を開催して頂きました。
 7時スタートでもあり、約2時間でお開き明日に備える。

 翌朝 6時半前には、全員スタート地点に集まり2列目のスタート位置を確保し薄暗い中スタートを待つ。
 私の得意とする先行バテ作戦が決まり、美ら海水族館手前までトップグループで走るも、4人に追いつかれ「オヤ」の声と共に皆が段々遠くなる、遠くなる。
 休憩を端折り、追いつくも又、遠くなるの繰り返しで辺戸岬の昼食地点へ辿り着く。

 二度目の参戦で、前回はヤンバルクイナの里はきつく無いと思っていましたが、インフラ整備が進みキツサは前回の5割増しでした。
 計3回程足が攣り、脇で座り込んでいたら、異人さんに「ガッツ・レッツゴー」に声掛けあり、「コチトラ-攣ッてんだよ!!」の反論に、グループから爆笑になりました。
 181kmを騙し騙し、喜瀬の宿泊地に17頃到着、初日は無事終了。

-次号に続く-

皆さまからのアドバイス お願いします

— 大王事務局
詳しくはここをクリック

(質問者)

…現在60代後半の者です。
 今乗っているのはクロモリ車ですが、トルクを掛ければかけただけ応えてくれる走りが気に入ってました。
 しかし、この1年100km以上のロングライドをして帰宅すると、玄関で暫く座り込んでしまうほど疲れを感じるようになりました。

 今年になると、更にペダリングが今までより重く感じるようになり、大腿四頭筋の膝より少し上の部分(内側)が疲弊し、ペダルを踏み込む力が減退。
 楽しくロングライド出来ていたのが、楽しくなくなり、大会参加数や乗る回数も減ってきました。
 こんな状況なので、そろそろ潮時か? カーボンフレームか完成車に切り替えもう一花咲かすか?検討してます。

 そこで、各社カーボンバイクに試乗しました。
 その結果、ペダリングが軽い、走りがスムーズ、悪路での衝撃吸収性が良い、上りが楽、などの点で現状のクロモリ車を大幅に上回った某フレームにしようかと思ってます。

 また、このような状況では、ギヤ歯数をどうするか?
 フロントを50x34Tから46x34Tか44x30Tに替えるかどうかです。
 皆さんは、どんなギアをお使いですか?
 今でも筋力、体力が衰え、ペダルを踏む力もかなり減退してますが、これから更に加齢していくことを考えておく必要があると思ってます。
 折角続けるなら、少なくともあと5年は各地の大会や大王の練習会などで楽しく走りたいものです。

 以上、どんな事でも良いのでアドバイスを頂ければ幸いです。

※※※大王事務局から

アドバイスは こちら

 とりあえず、事務局的にはこうお応えしましたが、さらに多くのアドバイスをいただきたく!!

———-

…自転車本体では、解決策は2つ。

 クロモリならば、 ケルビムのスティッキー (オーダー車)。
 極細パイプで適度なしなりがあり、脚に来にくいです。
 先日、サイクルモードで今野社長に聞いたら、納期は7か月待ちだそうです。
 フレーム単体で30万円。

 カーボンなら、コンフォートバイクを得意とする、タイム、ルックがいいでしょう

 タイムだと、 フルイディティ というロングライド用モデル。フレーム単体で40万円。

 ルックはお安く、 765というモデルの完成車があり、これがイチオシ。
 105メインで28万円、アルテグラメインで35万円です。

 ギヤですが、105ですと、フロント50Tはスギノなどの互換品メーカー製の48Tに置き換えられます。それより小さい歯では効率が悪いです。
 ワタシはフロントが48✕34、リヤが12~30Tです。

 ワタシが最近、長距離や上り坂に「コレは効く」、と思ったのは、

1=シューズを柔らかいものに変える。
 俗説でサイクルシューズは硬いほどいい、とありますが、ウソです。
 まるでスニーカーのようなシマノのクリッカーシリーズに変えてみたら、あ~ら不思議、力を入れやすいです。脚も疲れにくい。

2=クエン酸入りサプリメントを飲用する
 味の素の「アミノバイタル+クエン酸」のスポーツドリンクを飲むようになって、脚の痙攣や、どうにも力が入らない、という状況がなくなりました。
 お試しください。

3=ハンドルをカーボンに取り替える
 首や肩、肘の疲れがすっかり軽くなりました。振動低減効果でしょう。

サイクルモードの報告

— 岡森 賢治
詳しくはここをクリック
 今回も輪行講座、パンク修理講座が盛況すぎて私そのものはお役に立っていなかった様です。特に岩岡様、古賀様お疲れ様でした。

 次週のツールド沖縄に出るという女性からの質問です。

Q:完走できるか心配で、何か注意する事がありますか?

 深刻そうな雰囲気でしたので以下の様にお答えしました。

A:無理しないで楽しむ事です。
 どうしても完走すると義務感を持たなくて良いですよ。
 制限時間になれば、回収車に載せてもらって宿泊所まで送ってくれるので安心して下さい。
 以前、私が参加した時の知人の女性は、最初から回収車有りきで参加され、勿論回収車の世話になりましたが、ホテルまで送ってもらい楽しんでおられましたよ。

ということで、心配しないで楽しんで来ます、とのお言葉で終えました。

サイクルモードの感想

— No.400 高崎
詳しくはここをクリック
 サイクルモード、大王ブースでのパンク修理。
 先生のやっているのを見ながら、生徒がやる。
 2つ、ホイールを持ち込んで。が出来たらいいなと思いました。
 場所が足りないかも、ですが。

 先生のお手本を見ながら、輪行準備、パンク修理出来たら、ホント、生徒は嬉しいと思います~。
 私も生徒やりたい…盛り上がりそう…半分の時間で終わります、パンク修理。

練習会、宴会、その他集まり

11月 神奈川練習会 裏ヤビツコース

— No.358 長谷川(隆)
詳しくはここをクリック
 裏ヤビツが通れないので、足柄方面に行きます。(足柄峠は上りません)
 矢倉沢のざる菊が見頃です。

日 時: 2016年11月20日(日) 午前7時集合
前日夜の気象庁の天気予報で神奈川県西部の午前午後の降水確率が40%以下なら実施
集 合: 小田急/相鉄 大和駅前 横浜銀行横のプロムナードに朝7時までに
コース: 大和駅~境川CR or環状4号~境川遊水池~藤沢橋~松浪S~大磯スリーエフ~国府津~酒匂川CR経由で開成、南足柄~矢倉沢でざる菊見学~夕陽の滝で折り返し~山北駅周辺で昼食~松田~二宮~大磯セブンイレブンまたはスリーエフ~浜須賀S~藤沢橋~車道で遊水池管理事務所~境川CR or 環状4号~大和駅

※夕陽の滝まで行かず、矢倉沢で折り返すかもしれません。
※昼食は山北駅周辺の予定です。
※帰路の大磯セブンイレブンで流れ解散になることも多いです。
※カメハシリ大王による、カメさん組を設けます。安心して参加ください。

ルート・ラボ(大磯スリーエフから):http://yahoo.jp/VDHo_7

対 象: 初級~上級者対象 ゲスト大歓迎!途中参加、途中離脱OKです
連絡先: 参加していただける方は、
可能であれば事前に 大王事務局に連絡願います。
お願い: 事故やトラブルは自己責任とします。サイクリング中に有効な保険に必ず加入の上ご参加ください。

湘南陽だまりライド

— 陽だまりライド呼び掛け人グループ
詳しくはここをクリック
 初級者、シニア、女子のための練習ライド。いろいろ体験してみましょう。
 元祖呼び掛け人は58歳・カメさん組。走りはユルユル。
 ロングライドを走りたいな、という皆さまのゲスト参加を歓迎。

【今年は、呼び掛け人ボランティアを募ります。】
我こそはという方、 大王事務局まで

【お役立ちメニュー】

  • 事前
    輪行袋ない方に、前後輪外すだけの巨大輪行袋をお貸しします。
  • 出発前
    小田急線の片瀬江ノ島駅で、輪行組み立てをサポート、
    集合地点で、一人でできる自転車点検、簡単ストレッチなど
    富士山をバックに記念撮影
  • 走行途中
    速度や負荷に合った変速操作、後続者への手の合図、などをアドバイス
    各自のペースで走る。かめ組とウサギ組に分け、分岐点では後続を待つ。
  • ゴール後
    片瀬江ノ島駅で、輪行分解サポート
    日帰り温泉のご案内

期 日:初回12月4日(日)、2回目12月18日(日)、3回目12月29日(木)
以後1~3月の毎日曜を原則。元旦を除く

  • 集まった人で走ります。
  • 神奈川県西部の降水確率30パーセントまで実施、それ以上は中止

出 発:8時45分
集合場所:国道134号の「片瀬江ノ島駅入り口交差点」の海側。
藤沢市観光センター案内所」の西側の空地
※背の高い椰子の木が目印、公衆トイレあり

コース:江ノ島~小田原往復65kmが基本。季節に合わせ寄り道を予定
昼 食:小田原や真鶴で、お魚や洋食など
連 絡:前日土曜日までに 大王事務局へ、
各回の参加者は、大王FBにて土曜日夜にお知らせします。

その他:

  • ここがポイント!
    • ドタ参(予定が無くなり、急に参加できるようになること)大歓迎
    • ロングライドの走り方の質問にお答えします
  • アクセスは?
    • 電車で来られる方
      新宿から小田急線の特急えのしま57号が便利
    • クルマで来られる方
      周辺には駐車場が多数、冬はガラガラ
  • ご注意
    • 自転車保険加入が必須条件。
    • 自発的参加の練習会なので、すべてに自己責任です。ご了承ください
    • 日暮れが早いので、ライト、テールランプ、反射材をご用意ください

大王関東 おさかなキトキト忘年会 満員御礼のお知らせ

— 宮川 貴央
詳しくはここをクリック
 忘年会への参加表明ありがとうございます。
 現在、満員の16名となりました(以前は8室25名が定員でしたが、最近は5室16名で営業しているとのことでした。確認不足でした。すみません。)ので、いったん募集は締め切りにさせていただきます。

  • 大王様=
    宮川(幹事)、鈴木登氏、葛西氏、濱田氏、平本氏、林氏、新居田氏、金久保氏、板谷氏、纓田氏、長沼氏、岩本氏
  • 女王様=
    高崎氏、佐久間氏、つぼた氏
  • ゲスト=
    宮川ツレ

 現地集合、翌日ライドの予定です。
 温泉と人のよいオーナーと地元のお魚たちが待ってます。
 また、当日にも走って宿へ行きた~い、という方はどうぞ呼びかけください。

日程:
2016/12/10~11
場所:
伊豆・今井浜 シャレー今井浜
静岡県賀茂郡河津町三高1143-1 電話0558-34-1265
費用:
一泊二食1万円。飲み物代は別途、持ち込みOKです。
アクセス:
伊豆急河津駅下車タクシー5分

  • 食事の用意の都合上、キャンセルは1週間前までにお願いします。
  • 雨天開催です。

埼玉サイクルエキスポに出展

— コシです
詳しくはここをクリック
主催者事務局セレスポ社宛て
「2017年埼玉サイクルエキスポ」の出展申込書を送付させていただきます。
 2015年、2016年と同様、自治体(埼玉県内)ブースでお願いします
セレスポ社から
お世話になっております。
 埼玉サイクルエキスポのお申込み書をお預かりいたしました。
 ありがとうございました。

●埼玉サイクルエキスポ

大王ブース出します。会員各位の説明員ボランティアをお願いします。

期日:2月25日、26日 ※大王総会の1週間後!
会場:さいたまスーパーアリーナ
来場者予定:サイクルモードより1万人多い「約4万人」
詳しくは: こちら

大王事務局から

会員資格継続、少々お待ちください

詳しくはここをクリック
  • 大王ランキングへ完走記録の報告したいんだが?
  • 会員継続の手続きはいつからできる?

とお問い合わせいただいています。ありがとうございます。
 現在、会報紙発行準備中。それに合わせて月末ころ告知致します。
 少々お待ちください。